発達障害×ゲイ×一人旅 TropopauSe-Ku

発達障害とゲイの元航空関係者であるTropopauSe-Kuが、趣味の海外ひとり旅や「空」にまつわるネタ、趣味、発達障害やゲイにまつわる事などをテーマに記事を書いていきます。

旅程は最大で9日間に収める「黄金パターン」

あくまで土日休みの僕の場合だが、どんなに長距離の旅でも、旅程を9日間に収めるとスッキリすると考えている。

 

理由として以下が挙げられる

① 有給休暇の行使に関し、最も効果的な行程だから(自分の場合)。

② 9日あればどんなに遠い所でも一週間は滞在できる

③ 旅後の初出社日が土日の後なので、比較的有休を取った事が目立ち難い。

④ 月曜からのスタートなので、丸々一週間休んでも仕事のリズムに戻れやすい。

⑤ 土日休みの職場で有休を認めてもらいやすい最大限の長さ。「○日間」ではなく「一週間」と一言で伝えやすい。

以上

 

①の例として、月曜日から金曜まで5日間有休を取得すると、前後の土日と合わせて9連休となる。有休を5日行使するだけで、4日も多く旅が出来る。

 

②の例として、1日目にあたる行きの土曜日と9日目に当たる帰りの日曜日に移動するとして、間で7日間丸々観光に使える。

 

土 ✈️ 移動日

日〜土 🏨 7日間現地滞在

日 ✈️ 移動日

 

(例)

土 ✈️ HND→パリCDG

日〜土 🇫🇷周遊一週間

日 ✈️パリCDG→HND

 

③〜⑤に関しては、職場の雰囲気や寛容さに関してくると思われるが、せっかく貴重な有休を使って旅をするなら、上手く日取りを組んで、お得で盛り沢山な旅をしたいですよね。

 

いづれ、僕の一人旅の旅程の例を記事で書いてみたいと思っています。


f:id:sspirit1011:20200115191058j:image
f:id:sspirit1011:20200115191109j:image
f:id:sspirit1011:20200115191053j:image
f:id:sspirit1011:20200115191102j:image
f:id:sspirit1011:20200115191105j:image